サーチエンジン
少年アジア! との出会い | PNU日記

PNU日記

愛夫JIMMY君とのゆかいな日常ニッキ。
<< サクラチル | TOP | 少年アジア! との蜜月 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
少年アジア! との出会い
201104201118000.jpg
少年アジア! は焼津にある食堂だ。エスニック料理の旨みを生かしたまま、スパイスを微調整して日本人でもオッケーなテイストで提供してくれる。

2008年に開店したこの食堂を知ったのは、ダンナJIMMYくんとカラオケに行った時であった。カラオケ店の入り口に置かれていたチラシは、茶色いクラフト紙にフルカラーで料理が印刷されていて、目をひいた。

周囲にどかちんのおじさま方御用達めし屋しかなかった私は、行ってみようか、でもタバコの客がいたら(体質に合わず気持ち悪くなるので)困るし…と、ためらっていた。そんなとき、午後のマダム向け番組で、少年アジア! の紹介をしていたのである。
イートインもテイクアウトもできる、新しく清潔な店。

一念発起し、極度の方向音痴でありながら少年アジア! へ旅立った私は、意外にもすんなりたどりつき、優しげなメガネの店長からテイクアウトの豚丼500円也を受け取って帰宅したのである。
その間隔はまさにスープの冷めない距離、家で包みを開けると豚丼はまだほかほかと温かかった。はしで豚の角煮エスニック風味をつまみ、一口食うた。
何この、極楽食感は。温かかな豚肉の脂肪は口の中でほろりと溶け、肉の旨味が広がった。ほのかに辛いが、辛すぎないのもいい。キャベツのざく切りが入っていたが、これだと少し野菜が足りないかなと思いつつ、私はワンコインの充実したランチに満足した。

次の日も、私は少年アジア!に行った。野菜不足には、サイドメニューの生春巻を付ければいいと知った(生春巻、一本が三等分されて200円。のちに、ランチとセットで150となった)。
その日何を食べたかは覚えていないのだが、この日のランチも確かに美味かった。
店内には、セルフサービスの麦茶も置かれており、至れり尽くせりであった。

この日から、私の少年アジア! 狂いが始まった。


【*】画像は水曜日のランチ、鶏からあげ丼。自家製ポテトサラダ付きで500円。食いしん坊の私でも充分なボリューム。
生春巻とセットで650円。
16:23 | ◆ちょっとマジメに世の中を考えてみるよ! | comments(0) | -
スポンサーサイト
16:23 | - | - | -
コメント
コメントする











Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...