サーチエンジン
少年アジア! との蜜月 | PNU日記

PNU日記

愛夫JIMMY君とのゆかいな日常ニッキ。
<< 少年アジア! との出会い | TOP | 怪談に参加します >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
少年アジア! との蜜月
前回までのあらすじ:近所においしいごはんどころができて私は狂喜乱舞、毎日通い詰めるフリークに。
http://pnupnu.jugem.cc/?eid=1630

2009年当初の少年アジア! はすごかった。毎日、日替わり(新作含む)メニューがランチタイムに二品楽しめたのだ。どれもこれも美味しかったから、新メニュー私は足しげく通いつめていた。このとき食べた、ベトナム風あんかけ白身魚からあげ丼は魚フライMYベストであり、いまだにこれを超える味には出会っていない。
旨くて高いなら当たり前、旨くて安いのであり、男でも満腹になる丼ものにスープ、デザート、ミニサラダもしくは生春巻を足しても800円かそこらでお昼が済んだ。デザートもすてきで、手作りココナッツクッキーはバターの風味豊かでほろほろと口の中で崩れる感覚が、なんともたまらなく旨かった。

そのころちょうど発売された初の著書「女医裏物語」の契約書にサインするため、上京した一日をのぞいて、ほぼ毎日少年アジア! に通っていたのではないか。

こんな良い店を相方に教えない手はない。いい店を見つけたから、と私は夫をも連れて行った。夫は水と空気のきれいな焼津で生まれ育ち舌の肥えた焼津民だが、彼もすぐに気に入った。
余裕があるときは二人でゆっくりイートイン、時間がなければテイクアウトと我々はアジアンデリを楽しんだ。
夜には軽食+おつまみ+アジアンなびんビール一本が1000円ぽっきりのため、よく夫婦で歩いてちょい飲みに行ったものである。

ajia6
画像は、食べると集まるスタンプくじで、お店特製ストラップをGETしたダンナJIMMYくん。
少年アジア! 公式ブログより引用。

「女医裏物語」出版記念パーティを開いたのもここだった。ちょい飲みとは別に、五人以上であれば、四千円で料理八品+ビール飲み放題コースを利用できたのである。東京での出版パーティ(パーティというと大げさだが、五人ほどの飲み会)もやったのだけど、静岡で選んだ店はここだった。

結局、私が夜飲みに参加できたのは、この一度だけとなった。

ほどなくして、お店は毎週曜日ごとの固定メニューとなり、新メニュー投入はまばらになった。それが安定するということだと思ったし、固定メニューも美味しかったから、十日と空けず数日に一度は必ず行っていた。

だが、2010年の春に始めたアルバイトで私は腰を壊した。立ち仕事を辞めざるを得ず、少年アジア! まで歩いて行くことも少なくなった。

そして…ローペースにはなっていたけれど、毎週必ず食べに通ってはいた。先日の夜、店長のブログをふと見に行くと、「閉店のお知らせ」があがっていた。
17:12 | ◆ちょっとマジメに世の中を考えてみるよ! | comments(0) | -
スポンサーサイト
17:12 | - | - | -
コメント
コメントする











Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...