サーチエンジン
松本人志の映画「大日本人」を見た! | PNU日記

PNU日記

愛夫JIMMY君とのゆかいな日常ニッキ。
<< 今日は初めてキリンカップ | TOP | 注文の多いダンナ様 >>
松本人志の映画「大日本人」を見た!
笑いの鉄人・松本人志が監督および主演の「大日本人」を見た!
映画の常として事前情報が少ないほど楽しめると思うので、
詳しくはたたむ。

大日本人 初回限定盤
大日本人 初回限定盤

見終えての感想はとてつもなく豪華版の「ごっつええ感じ」THE VERY BEST OF ごっつええ感じ 1
だったと言っておこう。
「ごっつ」のコントファンなら必見である。

物語はひとりの男がインタビューを受けているシーンから始まる。
その男こそ、主役の【大佐藤】である。
彼はヒーローとして宿業を背負う孤独な存在だ。

妻と娘は別居中で、ボロ家には飼い猫とも野良ともつかぬ
猫がいるばかりである。
そんな彼が、恐ろしい「獣」と戦うのだが…

(以下ネタバレに続く)
大佐藤は巨大化して敵と戦う。
だが、その姿は人間をそのまま巨大化したものではなく、
どこかいびつでフリークスである。
ジャミラ棲星怪獣ジャミラ(手伸ばし)を彷彿とさせる巨大化した彼は猪首で、
コミカルな原始人のようでもあり、そのまなざしは
石田徹也石田徹也遺作集の描く画中の人物のように物悲しい。

私は周囲から迫害されつつ
〈伝統の残骸〉〈滅び行く古きもの〉
として生きる大佐藤の姿に、いつしか近所のおじさんを
思い出していた。
そのおじさん…いや、男性は、一人暮らしで、
家中の壁を自作の不気味なアウトサイダー・アートで
飾り立てていた。
周囲から嫌悪・無視・迫害を受けながら、
自分に誇りを持って生きるマイナー種族「大佐藤」は、
そんなアウトサイダーであり、わびさびと孤高のにおいがする。

「大佐藤」が戦う「獣」と呼ばれる存在は松本人志の面目躍如で
実に気持ち悪くて人間くさい、生理的不安感あおりたてる
デザインとなっている。
これらの「獣」がリアルなCGでムニュムニュ動き回るさまは
悪夢級の映像なので、ホラーファンにもおすすめである。

インタビュアーの無神経と無理解、
どう見ても「大佐藤」の給料をパチっているらしき
女性マネージャー(彼女の飼っているアフガン・ハウンドの名が
彼女が持ち合わせていない感情の名…シンパシーとデリカシー
なのは傑作だ)の傲慢など、
誰からも共感されず、資本主義社会における一個の消費される
商品として存在する大日本人。
それでも戦いながら苦しみ生きつづける彼の姿は
笑いを通り越して、物悲しい。


ラストの脱力は、狙ったものなのだろうか?
映画っぽく始まってコントで終わるために、これではカンヌで
受け入れられなかったかもしれないと思う。

「ごっつええ感じ」ファンとしては、
視聴率など数字にこだわる者への皮肉だとか、
あいかわらず産卵シーン・フェチだなぁとか、
コネタがきいていて楽しめたが。

カンヌで評価されるためには、「とかげのおっさん」を
リアルにハリウッド風リメイクでやったらよかったんじゃ
ないかな。
「ノートルダムのせむし男」とか「エレファントマン」みたいな
外見で差別され受け入れられない者の悲劇っていうのは
映画の定番でもあるから、「ごっつ」のコント未経験の外国人
にもとっつきがいいんじゃないかと思う。
私が思ってもしょうがないんだけど。

結論から言えば、ストーリーは度外視して雰囲気を楽しむ
映画だと思う。いや、ロング・コントかもしれない。
松本人志好きで、「ごっつ」のコントに燃えた人ならば
見て損はしないと断言しておく。

p.s.生き物好きなのか、やたら意味なく猫や犬がフラフラしていて
かわいらしかった。そんな意味では動物好きにもオススメの
映画かもしれない。
21:07 | ■映画感想・シネマンガ | comments(6) | trackbacks(26)
スポンサーサイト
21:07 | - | - | -
コメント
まったく同じ感想です。壮大なコント、まさしく「ごっつ」
だなと思ったのです。
そして、みごとに私のツボもついてました。気持ち悪くて
馬鹿で哀しい。さて、すべらない話をみつつ日記をかくと
します。
2007/06/02 9:46 PM by かいどう
かいどうさん、こちらへコメントしてくださって
ありがとうございます!
いやあ、「気持ち悪くて馬鹿で哀しい」同感です。
DVD発売のおりは惹句にしてほしいくらい、素晴らしい
フレーズだと思いました。
2007/06/02 9:50 PM by PNU
はじめまして。検索からたどりつきました。
すばらしい日記ですね。

私も昨日観てまいりました。
思った以上にメッセージ性のある映画でした。悲しいけど、笑ってしまう、
という感じで。
現代風刺を松本人志が形にしたらこんな風になるのか、と。

そこまで深く考えずに観ている人々は「つまんない」と口にしていましたが、
個人的には、満足でしたね。
しかし、つまんないと言っていた人たちは、ただ単にバカ笑いを求めて
劇場に足を運んだのでしょうかねぇ・・・

人の受け止め方は様々です。 それでは失礼いたいます。
2007/06/04 2:03 PM by 手羽
手羽さん、コメントありがとうございます。
表層で笑うこともできる、悲しみをたたえた映画であると
感じました。
松本流の表現になれていない方は、とまどいがあった
かもしれないですね。
お笑い界出身の映画監督ということで、北野武っぽい
ものを期待した人もあったようです。
2007/06/04 9:00 PM by PNU
今日は。
僕も良く似た感想でした。是非もう一回見たいと思っています。
悲しい余りに笑えて、後半は映画っぽく泣けそうな展開に
なりつつも、「いかにも映画」な終わり方はしない。
最後のあの"薄味加減"が松本さんのテイストなんでしょうね。
「もう一杯飲みたくなるおすまし」のような味わいでした。
2007/06/06 11:45 AM by ヤマネコ
ヤマネコさん、コメントありがとうございます。
細かいネタも多かったので、何度か見返したい映画
だと思います(DVD出たら買うかもしれません)。
松本人志らしさがすごくよく出ていましたね。
私はたいへん満足でした。
2007/06/06 8:35 PM by PNU
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://pnupnu.jugem.cc/trackback/225
トラックバック
2008/08/13 9:17 AM
感想スーパーヒーローの大日本人を密着した偽ドキュメンタリー映画。分かりやすく言えば『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』と『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』を足して2で割った感じとは、似ても似つかない感じでしたこの映画は、めちゃめちゃ酷評されていてどんくら
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
2008/02/25 4:40 PM
ダウンタウンの松本人志が、企画・初監督・主演を務めて撮り上げた長編映画。映画配給会社の松竹とタッグを組み、映画製作に乗り出した吉本興業の第1作目でもある本作は、松本自身の考える“ヒーロー像”を描いた異色作。脚本は松本の盟友で人気放送作家の高須光聖との
サーカスな日々
2008/01/23 12:46 AM
監督: 松本人志 出演: 神木隆之介、竹内力、UA、松本人志、板尾創路 評価:70点 んん?神木隆之介ってどこにでてた? あの赤ん坊怪獣か? 松本人志の初監督作品と言うことで期待して見たのだが、結論から言えばDVDレンタルにしておいてよかったというと
デコ親父はいつも減量中
2007/10/15 2:04 PM
 今回紹介する作品はダウンタウンの松本人志が企画・初監督・主演を務めた作品『大日本人』です。公開前から大変話題になっていた本作品。映画の内容に関する情報が公開直前までほとんど明らかにされなかったので、見るまではどんな内容か想像を膨らましたものでした
オン・ザ・ブリッジ
2007/06/18 12:13 PM
ダウンタウンの松本人志氏が、 企画・初監督・主演を務めて撮り上げた長編映画。 話題になってますねー、この映画。 映画館で鑑賞。 都内に一人暮らしをしている平凡な中年男・大佐藤大は、 高圧電流を浴びて巨大化する特殊能力を代々受け継ぎ、 その力で正義の
映画、言いたい放題!
2007/06/16 6:53 AM
僕はあまりお笑い番組を見ないので、松本人志という人物の人となりはよくは知りません
はらやんの映画徒然草
2007/06/16 2:51 AM
今週の平日鑑賞は、たけしと松本の芸人監督対決。 こちらは「川崎チネチッタ」で見た1本目。 カンヌ映画祭での評判は、 イマイチ良かったんだか、悪かったんだか、テレビのワイドショウ見ててもわからなかったね。
ひらりん的映画ブログ
2007/06/15 8:52 PM
銀魂は似蔵と銀さん&高杉と桂が対決で来週はクライマックスみたいだし 大日本人は松ちゃんの初監督作品と言う事で公開前から話題になり 13日の水曜に観賞したけども結論から言えば僕は好きな方だね 獣に海原はるか・竹内力・板尾・原西・神木と少しだけの出演
別館ヒガシ日記
2007/06/15 12:40 AM
松本人志、第1回監督作品。ドキュメンタリータッチで描かれた本編は、序盤こそ淡々としているものの、ストーリーが進むに連れて、どんどん笑いのツボを刺激された。 カンヌ国際映画祭では、上映中に席を立つ人もチラホラいたそうだが、それもそのはず。この映画は松本
Tokyo Bay Side
2007/06/14 4:31 PM
時代の先を行く笑いなど無い。 先を行ってると勘違いしている、マイナーな笑いがあるだけだ。 『大日本人』 松本人志、劇場版長編映画、初監督作品。
Prism Viewpoints
2007/06/12 11:17 PM
「せつない話」を映画で撮れるようになったなんて、まっちゃんもおとなになったなー なんて思ったらやっぱり最後はああいうはずし方。笑 ストーリーはネタ
青いblog
2007/06/11 12:38 AM
[parts:eNoztDJkhAMmY3OmFBMDE0tDSzODRDNDcwtzS0tDQ5NE01QLoFhqiqW5hYlBinGKSaqRXlYxAB16DAw=] [parts:eNoztDJkhAMmYzOm5OTERNOkVAsAINMD0A==] 昨日、松本人志第1回監督作品『大日本人』を観てきましたが、彼独特の笑いの創 造性を感じる作品だったと思います。 こ
Progress
2007/06/10 4:09 PM
お笑い芸人ダウンタウンの松本人志が、企画・監督・主演した長編映画です。
水曜日のシネマ日記
2007/06/10 7:14 AM
6月2日(土)◆460日目◆ この日は池袋で松ちゃんとたけしの映画をハシゴ。 まずは松ちゃんの『大日本人』を「シネマサンシャイン」で見る。 ところどころで笑える箇所もあるが、 全体的に映画監督1年生の作品かな。 カンヌは早すぎたね。 電流を浴びて巨
          
2007/06/09 6:41 PM
映画「神童」見ました★ 感想は続きから読んで下さい (´▽`) この後多分グラナドのプレイ日記書きます。
自称ゲーマー女のヒトリゴト....♪
2007/06/09 12:31 PM
『怪しくはないわけだよ。何を怪しがるんだ?』
ひるめし。
2007/06/08 1:15 AM
カンヌ映画祭での話題からネット上の感想まで、 面白いんだか面白くないのか微妙そうで、 どうしても自分の目で確認したかった。 「面白かった」とか「面白くなかった」とかを超越した、 なんだか不思議な
映画君の毎日
2007/06/06 3:23 PM
              も、いっそのこと         松本秋子(←松ちゃんのオカン)を出したらよかったのにねぇ。 なんて言うたらいいのやら・・・。 いや、その〜、かなり好意的に観たつもりなんですけど・・・。               「
UkiUkiれいんぼーデイ
2007/06/05 8:40 PM
『大日本人だよ!』
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
2007/06/04 10:56 PM
【大日本人】 9点 意外・・・と言ったら失礼ですが、おもしろかった。見終わった感想としては、「めっちゃ笑ったわ〜」ってことと「これ、果たして映画か?」っていうこと。ただ、映画というものは、必ずしも「こうでなく
sons and daughters -blog-
2007/06/04 9:53 PM
怪獣たちのふれあい。
ネタバレ映画館
2007/06/04 7:58 PM
「たぶん60年代的“日本世界”の居心地の良さ」 最初に、わたし1973生まれです。オイルショック生まれなんで、60年代リアルで知らないんですが、そんな匂いを勝手に感じ取って、“○○の警告が出るまで”すごく居心地よかったです、この映画。 獣が出ようが、「赤いの
如何にして同居人を映画館に連れて行くかをかく語りき
2007/06/04 12:13 AM
■感想: 2007年41本目の劇場鑑賞です。松本人志監督デビュー作品。独自のお笑い哲学でその道をストイックに探求し続ける孤高のお笑い芸人、松本人志。これまでにも、コントなどの形で映像分野でもその才能を発揮してきた松本人志が満を持して放つ注目の第1回監督作品
しょうちゃんの映画ブログ
2007/06/03 8:05 PM
監督:松本人志 脚本:松本人志、高須光聖 CAST:松本人志、UA 他 STORY:ひっそりと独りで暮らす大佐藤(松本人志)は、大日本人として、突如地上に現れる怪獣を防衛庁の依頼によって退治する事を生業としていた・・・前にも書いたように、幼い頃から毎日お笑い
Sweet* Days**
2007/06/03 10:35 AM
感想にしにくい映画ですが,嫌いではありません。
Akira's VOICE
2007/06/02 11:40 PM
僕は松本人志が好きだ。
長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...